ベビー英語クラス/キッズ英語クラス/子連れママ向け講座

ママの発音は子に移る?なんで発音って大事なの?

ママの英語の発音は我が子に移るのだろうか?

今日は私が発音についてどう考えているのか、今後のBLOOMINGのレッスンをどうしていきたいと考えているのか、語ります!お時間がある方はお付き合いください♡

ママたちのお悩み:ママの発音が悪いのに〇〇していいのですか?

BLOOMINGに来てくれるママたちからよく聞かれる質問に、

ママ(パパ)の発音が悪くても、英語で子供に話しかけてもいいのですか?

とか、

カタカナ英語の発音で、子供に英語のお歌を歌ったり英語絵本を読み聞かせてもいいのですか?

という質問があります。私の答えは、

Yes!!

この”Yes!”は「英語の発音なんてどうでもいい」という意味ではなく、「ママの発音や喋り方は子供に移る」ことを認めた上で、「ママの発音問題以上に、おうちでママと英語で過ごす時間は英語教室以上の効果が期待されるので、発音を気にしすぎて子供に英語で話しかけない、英語のお歌は歌わない、英語の絵本は読まない、というのは勿体ないので積極的に行ってください」という意味です。

おうちでのお歌、絵本、語りかけはすべて、ママを介してお子さんにインプットされます。ママがやるからこその効果がある一方で、「発音」という点から見ると、お子さんはママの発音の影響を受けます。

ということで、冒頭の『ママの発音は我が子に移る?』に対する答えは、

Yes. ママの発音は、お子さんに移ります!

です。堂々と言うことじゃないけど…でも現実です。

BLOOMINGのレッスンに参加してくれるママたちは、「英語が苦手です」とおっしゃる方がとても多いです。でも、お子さんの将来を思って「これからの時代は英語が必要になるから」「自分のように英語で苦労して欲しくないから小さいうちから英語に触れさせよう」と考えて、英語教室を探してたどり着いてくださる方がとっても多いです。いまこの記事を読んでくださっているあなたもきっとそうでは?

そんな「何か英語をやらせよう」「小さいころから英語に触れさせよう」という漠然とした思いに、「英語の発音力をつけさせてあげる」という目標も加えてみませんか?

ここまで読むと、「おぉ~BLOOMINGでは我が子に発音指導してくれるのね!」と思われちゃうかもしれませんが、決してそうではありません。ごめんなさい、お子さんには発音指導しません。じゃぁ誰に発音指導するの~~?

お子さんの発音を良くしたければ、ママの発音を良くしよう!

乳幼児さんにとって、いつも一緒にいるママの影響力は絶大です。だからまずはママの発音を変えるのです!

生徒さんA: なんかJunko先生メラメラ燃えてるな…。でもカタカナ発音の私の英語がきれいな英語らしい発音になるなんて…自信ないし、レッスンが急に難しくなったらついていけないんじゃないかな、心配~。でも発音よくなりたい~!

Junko: 確かに今の私、メラメラしちゃってます。でも、BLOOMINGが英語が苦手なママのための親子英語教室であることは変わりなく、英語が苦手なママこそカタカナ英語になる傾向があるので、そのママたちを救いたいんです。難しいレッスンにはしません!ご安心ください。

完璧な英語の発音を目指す必要はありません。まずはカタカナ英語からの脱却を目指しましょう!

数年後のお子さんの英語の発音力を良くすることを念頭に

お子様には直接発音を指導しませんが、ママの発音が変わればお子さんの発音は変わります。BLOOMINGの生徒さんの場合お子さんがまだ0-3才なので、今すぐにお子さんへの結果は見えませんが、数年後、お子さんが英語で喋り始めたとき、「おぉ」となります!だからやるなら今なんです。

あ、ちなみに、ママたちの発音が短期間で劇的に変わるとは思っていません。毎度のレッスンで少しずつ時間を割いて伝えて、忘れたころにまた次のレッスンで復習して、おうちでも練習して、漸く「あれ、なんか変わってきた♡」となります。一朝一夕には変わりませんよ~

なんでそんなに英語の発音って大事なの?

例1

例えばお子さんが一年後、外国人に”How old are you?” (なんさい?)と聞かれて、

アイム・スリー・イアーズ・オールド!

とカタカナ英語で言うのと、

I’m   three   years   old.

アィム thゥリー イヤーズォゥ

と英語らしい発音・リズムで言うのとでは、話しかけてくれた外国人の反応が全然違ってきます。好意的に驚きと笑顔をもって相手にしてもらえます。たくさん褒めてもらえます。もっと会話したい、という気持ちになるのでもっと話しかけてくれます。

同じ文を言えたって、発音の差で相手の対応が違ってくるんです。これが、「ただ通じる英語」と「評価される上質の発音」の違いです。

例2

お子さんがさらに成長して大人になり、社会に出て外国人相手にプレゼンすることになった時、カタカナ英語でプレゼンするのと、きれいな発音で強弱つけながらプレゼンするのとでは、プレゼンの評価が大きく変わってきます。せっかく良いことを言っていても、どんなに下調べをして素晴らしいプレゼン資料を作成したとしても、スピーキングの部分で残念な評価を受けると、プレゼン全体の評価が下がります。そう、発音の差で評価が変わり得るのです。

私、社会にでて初めて就いた仕事が電機メーカーの海外営業職だったので、英語の発音の評価が大きいことは実体験として感じました。(あ、私の場合は一応…いい方に評価されました♡)

まとめ

周囲が下す英語の評価も発音の差で変わってくる。

発音の質が、英語の質を上げ、逆に下げることにもなる。

だから私は、発音は大事だと思っています。

お子さんに、将来英語に困らず、できれば英語を使いこなして欲しいと願うなら、「ただ通じる英語」ではなくて、「評価される上質の発音」をプレゼントしませんか? 発音は一生ものです。

ママにはちょっぴり努力が必要ですが、そばで聞いてるお子さんは、一切努力不要です。(←乳幼児さんの耳は最強です)

気になったら親子英語レッスンへ是非ご参加下さい!

ここまで読んで頂いて、「よし、自分の発音を改善して、我が子に「評価される上質の発音」をプレゼントしたい!」と思ってもらえたら、是非BLOOMINGの親子英語レッスン(ベビー英語・キッズ英語)にご参加下さい。ママへのフォローに定評があるBLOOMINGなのでご安心ください。精一杯サポートします。

親子英語レッスンはベビー英語レッスン(0才児クラスと1才児クラスがあります)のほかに、キッズ英語レッスン(2・3才の未就園児対象)に分かれています。この親子英語レッスンの中で、ママたちへの発音指導を今後加えていきます。—— 現在コロナの影響で対面レッスンはお休みして、オンライン親子英語レッスンを開催しています。

「ママのための発音クリニック~フォニックス講座」はじめました

8/18追記:親子英語レッスン内での発音指導では物足りない方、もっと発音だけを体系的に学びたい方を対象に、新講座『ママのための発音クリニック~フォニックス講座』を立ち上げました。
8/24からスタートします!コロナの影響で今年はオンラインでプライベートレッスンとなっています。

お申込み方法:リピーターさんはいつものメールアドレスblooming_joinus@yahoo.co.jpまでママのお名前を添えてお申込みください。はじめての方はこちらのお申込ボタンからご連絡ください♪

親子英語教室 BLOOMING ブルーミング

タイトルとURLをコピーしました