親子英語クラス/子連れママ向け講座/発音矯正

<ご感想>発音クリニック「ネイティブの先生に習うより分かりやすかったです」

先日、大人向け講座「発音クリニック~フォニックス講座」を受講されたママが、こんなことを感想でおっしゃっていました。

BLOOMINGの「発音クリニック~フォニックス講座」では、英語の一つ一つの音(音素と言います)を練習し、次に音のかたまりを英語らしく読む練習をし、こう綴った場合はこう読む、という読みのルールを学びます。

:「フォニックスとは何か??」、気になった方はこちらをチェック!フォニックス=発音矯正 ではないです!

すでに何となくで英語を読むことはできるママたちに、何となくではなくルールを知ってもらう、そして脱カタカナ英語!を目標に、英語の一つ一つの音の発音方法、簡単な英単語の発音方法を指導しています。

その初回を受講されたママがおっしゃっていたこのご感想。
『ネイティブの先生に習うよりも、細かいアドバイスが受けられて、とても分かりやすかったです』

確かに!!自分でもそう思います。(自分で言うのもなんですが)

ここで質問です。
ネイティブの先生より日本人講師が優れている点は何だと思いますか??

それは…

日本語と英語の違いを理解できて、その違いを日本語で分かりやすく伝えることができる点

です。

英語ネイティブの先生は、英語のことは良く知っていても(これも怪しいかな…英語が喋れるってだけで、英語の音声学的なことを良く分かっているネイティブ講師に私は出会ったことがない)なぜ日本人がその音が苦手なのか、は理解できないし説明できるはずもないし、発音できるように導いてあげることができないのです。先ほどのご感想を寄せて下さったママも、実は英語ネイティブの先生から指導を受けたことがあるそうですが、腑に落ちなかったそうです。

その点日本人講師なら、日本語と英語を比較して伝えることができます。
ただ…これまた、日本人の英語講師が全員「なぜ生徒さんがその音が苦手なのか理解・分析出来て、生徒さんが分かるように説明できて、さらに英語らしく発音できるように導いてあげられる」のかと言えば、そうではありません。

・ 学校の先生(中高):私の印象だと、彼らは文法を教えるプロ。学校英語・受験英語を教えるプロであって、決して英語を英語らしく読んだりナチュラルにお喋りするのが得意な人たちではない(もちろん得意な人もいると思いますが)

・英語教室の先生(日本人):英語が好き(得意)で英語の先生になった人が多いけど、それと「発音指導力」とはまた別物。先生自身が英語がペラペラでも、生徒さんの発音を分析して説明できて修正してあげられるかはまた別問題。

じゃあどんな先生のところで私は学べばいいのー?と思ったママ。

わたしに任せてください♡

わたしなら、生徒さんお一人お一人の発音の癖を見抜いて、どうすれば良くなるか、アドバイスできます!そして、私実は元々英語コンプレックスが強かったので、そもそも「英語を喋るのが恥ずかしい」「声に出したくない」という気持ちも理解できます。英語が苦手でも上手になりたい!と勇気を出して申し込んできてくださったママたちの気持ちに寄り添いながら最後までサポートします。

英語を英語らしく読める・話せるようになると、英語を口になるのが楽しくなるよ!!

お申込み・お問合せはこちら↓のピンク色のボタンからどうぞ

タイトルとURLをコピーしました