親子英語クラス/子連れママ向け講座/発音矯正

ライモーフォニックスって何?新しいフォニックスメソッドをご紹介します

先日ブログで、フォニックスについて書きましたが、今日はその続編です。お子さんのフォニックス学習に興味がある方は是非読んでね!

フォニックスとは?

フォニックスとは、英語の音と文字の関係を学ぶことを指します。

「この英語の文字は、この英語の音と繋がっているんだよ」、という規則性を学び、読み書きできるようにしていくメソッドです。

巷にはフォニックス教材があふれ、YouTubeでphonicsと検索すれば、それらしいものが見つかります。ただ、一つ気をつけないといけないのは、

フォニックスとは本来、赤ちゃんの頃から英語をいっぱい聞いて育った英語圏の子供たちが文字を学ぶために作られたメソッド

だということです。「英語圏の子供たちが」ってところ、大事です。

英語ネイティブの5才児さん(仮名:Bob)は、その年に至るまで、毎日ママパパに英語で話しかけられ、英語のリズムで身体を動かし、徐々になんと言っているか分かって、ママこの単語言ってるなー、この単語って最初の音は〇で、お尻の音は〇だな!と気づけるようになり、遂にはあ~そろそろ字を書けるようになりたいな(うずうず♡)

みたいな、流れでフォニックス学習にたどり着きます。一方で、

日本語ネイティブの5才児さん(仮名:たかし)は、その年に至るまで、日本語にどっぷり浸かり、日本語のお歌を幼稚園でたくさん覚え、日本語ペラペラ、ひらがなもちょっと読めるし書けるよ!でも、英語のリズムで身体を動かすなんてしてきてないし、英語の音を聞いてきてもない。英語のストックゼロ!(英語教室に通っていたお子さんは多少英語のストックありますが、でもBobとは比べ物にならないですね…)

そう、Bobとたかしが、おなじフォニックスメソッドで英語の読み書きを学んじゃだめなんです!!

従来のフォニックス教材だと、たかしにはBobと同じ教え方をして、最初こそ、「おっ、読めたじゃん!すごいじゃん!」となるんだけど、途中から、「あれ、なんかおかしいな」「日本語を読んでるような英語の読み方になってる」「読めてるけど、なめらかじゃない」「せっかく読めるのに意味わかってない…」みたいな、問題が諸々でてくるわけです。

それはなんでかというと、たかしは英語の音やリズムに慣れ親しんでおらず、英語の土台がないのに、いきなり英語の文字の読み書きに入っちゃったから。

たかしにはたかしの”英語の読み書き攻略法”があるんです!

それが、先日ちょっとだけご紹介したライモーフォニックスという、新しいフォニックスメソッドです(できたてほやほや)。私が尊敬する師匠2人が共同開発されました!

出典:Rhymoe® Phonics

ライモーフォニックスとは?

ライモーフォニックスでは、英語を学ぶときは英語ネイティブみたいな身体の動かし方をして、身体の動き方から変えていこう!そんな微動だにしない日本人的な姿勢じゃ、英語はすっと身体に入っていかないよ!というスタンスから入ります。

最近Junkoのレッスンを受けた方は私が身体を動かしながら英語を喋ってるのにお気づきだと思いますが、あんな感じで(ママたち心配しないで、激しく動いたり踊ったりしないので。というか、私踊れないので笑)英語を聞く前にまずは身体を英語モードに切り替えてフォニックス学習します

フォニックス学習って言ってますが、ライモーのフォニックスプログラムの頭は英語の手遊びからスタートします。全然お勉強感はないです。お教室でやっても楽しいし、おうちで親子でやっても楽しいです。繰り返しの中で英語のリズムに乗せて英語を思わず言いたくなっちゃうのが魅力です。

そして、さきほどのBobとたかしを思い出して欲しいのですが、Bobにはあってたかしにはないもの=英語の音を聞いたときに、音のかたまりをとらえることができるようなったり、最初の音が分かるようににしてあげます。それをさらにくっつけて単語を読めるようにしていきます。しつこいですが、常に英語のリズムを意識しながら教えていきます。英語のリズムを無視したり、英語の音のかたまりをとらえる練習をすっ飛ばしてただ読み書きを教えても、さきほど書いたようなおやおや…な諸問題(読めてるけどなめらかじゃない等々)にぶち当たるのです。

そして最後は習った音がはいった短い文(チャンツといいます)を口にだして、英語のリズムで言ってみよう!ここはママ目線でみると、ママも一緒に練習したいですね~♡ママ向け発音講座を受講されたママがこのチャンツをやると、英語のリズム+抑揚+発音のいい練習になります!私もチャンツを練習中ですが、子供と一緒に練習するの、楽しいです!

おうちでも復習できるように手遊びの動画が準備されていたり、習った音に関連するおすすめ絵本が紹介されていたりと、ママのフォロー体制ができているのもライモーフォニックスの特徴です。

使用するテキストはこんな感じです。

ライモーフォニックスの対象年齢

ライモーフォニックスの対象年齢は、5才~8才です。

4才までのお子さんにはまだちょっと早いです。では5才になるまでは放置していていいのか、というと、違います!!むしろその前段階の0才~4才期こそ、英語の土台作りに励もう!BLOOMINGに来てくださっているお子さんはこの年齢層ですので、読み書き時期に備えて乳幼児さんが今できることをレッスンで提供していきます!(ライモーで英語のリズムと動きを取り入れたレッスンを行います。詳しくはまた別途書きます)

※ うちの子、もう5才以上だわって方は、ライモーフォニックスがぴったりです。

ライモーフォニックス、誰から学ぶ?

ライモーフォニックスを教える講師、これは誰でもいいわけではありません。お子さんの英語に与える日本語(母語)の影響をよく理解している講師、日本語の影響を受けずに英語のリズム・音を伝えられる講師から習ってください

私は2月~3月にかけ、このライモーフォニックスを教えることができるようになるための、講師向けトレーニングを受けました。開発者のお二人が、英語を母語としない子供にどうすれば効果的に英語の読み書きを教えることができるか、考えに考えできたメソッドだということが分かり、教える立場としてすごく身が引き締まりました。

2021年2月~3月、全国各地の英語講師がトレーニングに参加しました。↓こちらは最終日の様子。

神奈川県から参加の講師はJunkoのみ!(2021年3月時点)
神奈川でライモーフォニックス習いたかったらBLOOMINGのJunkoのところへおいで!

はっ。私そんな大きいお子さん教えていないんだった!(イマサラ!)熱く語ってたら今にでもフォニックス指導したくなってきてしまいました笑 続報を待って!(気になった方は個別にご連絡ください♡)

タイトルとURLをコピーしました